週末猟師

休日に射撃や狩猟を楽しむ

Schmidt ⦿ Bender の抽選に応募してみる

Tシャツが当たるというクリスマス抽選会に応募してみることにしました.

 


以下の条件を満たすスコープはどれでしょう?ってクイズ付き.

 

 

  • robust, light and compact design
  • popular with police, military and sport shooters
  • flat elevation turret with large adjustment range
  • large field-of-view
  • powerful zoom
  • winner of the U.S. Army CSASS program and used by several police and military units as well as the U.S. Air Force.

 

まあアレですよね.彼らの看板商品ですから.

ちなみにこういうのに入れた個人情報ってどこかに行くんじゃないか?って疑うので,郵便が届く程度にちょっといじって...笑 さてどうなりますか?

H4895 と IMR4895 の比較

お店に在庫を聞いたら Hodgdon が品切れになっているとのことでした.IMR 4895 ならあるらしい.そこで両者の比較をしてみることにしました.主には 30-06 と 308Win で 150gr ジャケット弾を押すつもりです.

 

調べるのはお約束通り,Hodgdon のオンライン上にある Reloading Data Center です.

hodgdonreloading.com

 

それによると 30-06 (WLR) だとこんな感じ.

 


次いで,308Win (Fed210M) だとこんな感じになりました.

 


雷管が異なるのですが,それを無視し,また Max Load を若干超えるレシピにもなりますが,同じ速度を出そうとしたときの薬量はそれぞれ以下のようになります.

 

30-06 3,000 fps
H4895 51.7 gr
IMR4895 52.7 gr

 

308Win 2,900 fps
H4895 46.1 gr
IMR4895 47.0 gr

 

燃費は H4895 の方が良いですが,弾速を出したければ IMR4895 のほうがやや良いようです.減装については IMR のほうは堂々と書かれているわけではないですけれども,一応 IMR4895 でも減装可能であるとメーカーは考えているそうです.ただしその場合でも安定性は H4895 の方が良いとのことです.

 

ところで販売価格は Hodgdon の方が少し高いので,経済性は単価で考えてみる必要があります.上の表で示したように,308Win では 2900fps だすレシピにおいては,H4895 だと 1LB で 151.8 発分になりますから,価格が 19000 円として1発あたり 125.16円になります.また IMR4895 は 1LB で 148.9発,1瓶18000 円として1発あたり 120.89円です.

 

結局同じ弾速を出すのに IMR の方が薬量が少し多く必要であったとしても,価格差があるので,一発あたりの単価は IMR の方が安くなると言う計算になりました.私の場合は狩猟用は減装弾ではなく,フルロードにするので IMR で問題ないだろうという結論です.

 

ちなみに IMR や Hodgdon, Winchester あたりの火薬を使っている人で,レシピは紙面で見たいという場合には下のようなデータブックを使うのもいいと思います.毎年出ているのですが,定番レシピはそうそう変わらないので,数年前くらい前のものでも一緒だと思います.

 

 

ただスゴイ値段になっちゃってるのが問題なんですよね〜.それなら下の Lyman の方がいいような.

 

 

MagnaCut

MagnaCut というのは去年あたりに出たらしい,現在最新であろうナイフ用鋼材です.

 

knifesteelnerds.com

 

とにかくダントツ錆びにくく,そして刃持ちも相当いいらしい.Bark River での HRC は 62 ということで(同じ鋼材でもメーカーによって焼き入れが異なるので HRC は異なる.この鋼材は処理によっては 65 くらいまで上げられるらしい.),私などは研ぐのに苦労しそうですけども,ナイフ鋼材専門家ではない在野の人(といっても金属学が専門なので素人というわけではない)が開発したという鋼材に興味を覚え,思わずこちらのナイフにポインタを当てていたら....

 

Bravo 1 LT MagnaCut


ポチっ.あっ,やっちまいました.まあクリスマスだしいいか.狩猟では研いではこぼし,また研いでとなるものなので,私などは研ぎやすい A2 鋼あたりを選びがちです.ですからこのナイフは守り刀というか,伝家の宝刀的な立ち位置に納まるかも知れません.

 

なお日本の amazon でも Bark River の Bravo 1 LT で,ハンドルがマイカルタのものは買えるみたい.特にリンク先のはモザイクピンで格好良いですね.

 

 

ちなみに MagnaCut については Gigazine でも採り上げられています.

gigazine.net

株主優待

私は普段 Hodgdon の火薬を主に使っているとはいっても,やはり国産火薬にも頑張ってもらわないとと思っています.安全保障面は当然として,個人レベルで考えても,今みたいに輸入が厳しくなったときリロードも難しくなりますからね.そこでダイセルを応援しようと株主になっているのでした.

 

 

今日,中間配当の書類が届き,株主優待関連のチラシが入っていました.ダイセルの製品を割引価格で買えるというものです.が,並んでいるのは.....

 


と,こんな感じの健康食品ばかり.でも私が欲しいのはこっちですよ.

 


これを出しているのはダイセルパイロテクニクスのほうだってのは知ってますけど,グループ会社なんだから仲間はずれにしないで欲しいなぁ.装弾とかも扱っているから,割引券をつけてくれたら,ライフルユーザーに限らず多くの射撃人が個人株主になって,株価安定に寄与するんじゃないか?と思ったり.

狩女のすすめ

今回の図書館シリーズはこちら.

 

狩女のすすめ

なんと先月出たばかりの本です.

 

書籍説明によると

ジビエで生きる、ジビエを活かす、ジビエで日本を元気にする! 
能登を拠点に、ジビエの伝道師として大活躍中の著者が、狩猟やジビエの魅力を軽やかに紹介。 

魚は捌けず、虫も苦手、運動音痴がいつの間にか、どっぷり猟師の世界に。 

40歳を超えてから狩猟やジビエと出会った波乱万丈のシングルマザーが、 

・なぜ狩猟やジビエに魅了されるのか、 
ジビエを広めるためにどのような活動を行っているのか 
ジビエを軸に自分の生活をどのように成り立たせているのか 
・それらの活動に日々邁進するなかでどのようなことを感じているのか 

といったことを、ときにシリアスに、ときにユーモラスに綴った一冊。 

 

ということです.数多い狩猟関係の本を見て思うのは,中には初めて数年という著者もいて,そういう人がよく本なんか出す気になるよなあということなんですね.

実際この筆者も狩猟を始めて長いわけではないので,それほど詳しくない様子.例えばイノシシなどは,ワナならすぐに獲れるけど,巻狩だったら撃つのは先輩射手だから初心者に撃つチャンスはない,みたいなことが書いてあります.まあワナも運が良ければ獲れるだろうし,巻狩にしても中にはそんな猟隊もあるかも知れませんが,私の知る範囲にはそういう隊はないです.特にうちの隊では初心者にこそいいタツで撃たせ,ベテランは縦横無尽に遊撃,他のメンバーが抜けられてしまった先に回って仕留める,みたいなやり方です.だから初参加で射獲できる人は毎年のようにでます.私も初参加のときは立ち位置が悪くて発砲できなかったけど,目の前を走り抜けたのを見てるし.

鴨撃ちの記述でも,空気銃は射程が 50m くらいが限界で,散弾銃で 100m,ライフルは 300m 程度と書いています.これは間違い.散弾銃でカモを落としたければ,散弾粒の大きさによっても多少異なりますが,普通は 40m くらいがいいところじゃないでしょうか.だから水面にいる鴨を狙うなら,かえってプレチャージ式空気銃の方が遠くても撃てますよ.ただ飛んでしまうと空気銃では手も足もでず,散弾銃の独壇場です.だから空気銃で獲れるのはふつう一度に1羽(撃ったら近くのカモは飛んじゃうから).あとライフルはそもそも使用がシカやイノシシなどの大型獣相手に限られ,カモ撃ちに使うことは出来ません.まあ仮に撃ったとしてもズダボロになって食べるところがなくなるカモ?と思うけど.苦笑

まあそんなこんなで,狩猟について知りたいという目的だと期待外れになります.

一方,肉は美味しいし,革もハンドメイドに使えるし,狩猟を始めると生活に多少プラスになるようだからやってみたい,そんな実例を見たいという人にはいいと思います.マイナス面もちゃんと書いてますしね.これは大事なことです.ただこの著者が強者だからで,誰にでも出来るとは思えない面はあります.本人曰くモテるそうだけど,4連ガチャ全てハズレを引きバツ4でも(苦笑),めげないパワーのある人ですから.ちなみに狩猟生活に入ったのは4番目の旦那さんの影響らしいけど,その彼は奥さんの名前で借金してたらしい.それって立派な有印私文書偽造でしょ.さすがに離婚に至ったってことだけど,すぱっと切れるのは立派.彼女もいろんな修羅場をくぐってきてる感じは受けますね.

ちなみに一般的には,離婚すると銃砲所持許可を受けるときの審査が厳しくなるので,なるべく波風立てない方がいいです.そりゃ,許可下ろすほうだって安心できない人にはおろしたくないでしょう.とはいえ,何事にもほとぼりというのはあります.利口に立ち回ることが人生,とは言わないけれども,そこまで長いわけじゃないですからね.

 


今回採り上げた書籍